放課後LABO~30代の豊かな生活探求サイト~

スマホゲームのし過ぎでストレートネックになる!やめるか治すかどうする!?

time 2017/05/20

スマホゲームのし過ぎでストレートネックになる!やめるか治すかどうする!?

どうも、30代の豊かな生活を探求するたけいちです。
最近、どうも肩がこるし頭痛はするしで不調なんですが、原因を考えてみたらスマホやパソコンのやりすぎによる
ストレートネック
になりかかっているようです・・・

頭は意外と重いんです!

スマホゲームをやっていると、どうしても前傾姿勢になってしまいます。
電車の中でスマホを見ている人が良い姿勢でピシッとしているのなんて見たことがないですよね(笑)
成人の頭の重さは体重の8~13%だとと言われています。
体重70㎏の人の頭の重さは7㎏・・・
16ポンドのボーリング玉と同じぐらいですね。そんな重いの使ったことがありません!
前傾姿勢になっていると首に対し、相当な負担になっているのがわかります。

角度によって首への負担が違うらしいです。

脊椎専門医のケネス・ハンスラージ博士によると首への負荷は

  • 首の角度 0度:4~5㎏
  • 首の角度15度:12㎏
  • 首の角度30度:18㎏
  • 首の角度45度:22㎏
  • 首の角度60度:27㎏

となっているそうです。
そりゃ肩もこるし頭痛もしますよね!
ずっと首の筋肉で27㎏の重りを支えているんですから!!

ストレートネックの症状と治療方法

説明し忘れましたが、ストレートネックとは頚椎の生理的前湾角度 30度以下の首の状態を指す言葉であり病名では無いそうです。
正常な人の頚椎の前湾角度は30~40度となります。

ストレートネックによる症状としては

  • 頭痛がする
  • 肩がこる
  • 首が痛い、首が動かない
  • 頚椎症、椎間板症
  • 上が向きにくい
  • めまい、ふらつき感がある
  • 手のしびれがある
  • 寝違いを繰り返す、枕が合わない
  • 逆流性食道炎、胸焼け、吐き気がする
  • 自律神経失調症、うつ

といったものがありますが、症状が出ない人もいます
初期段階なら首へのマッサージやストレッチでも症状が改善するのですが、炎症を伴う場合は薬物療法となります。
またストレートネックが要因となっている頚椎椎間板ヘルニアや頚椎症の場合には最悪、外科手術になることもあるそうです!

まずは生活改善

少しでも症状が出てきた場合は、スマホを見る姿勢を改善しましょう。
できれば首の角度を15度ぐらいまでにしたいですね!

ストレートネックを改善する枕も有効です。
私は枕を試してみようと思います。
↓コレ



でも、枕を購入しなくてもタオルで改善できる方法もあるらしいですよ。

まずはタオルで試してみてもいいかもしれませんね♪

スマホゲームを楽しむためにもストレートネックを改善しましょうね!

他のモバイルWi-Fiを潰しにきてる・・・

本当に使い放題!1TB使っても全然平気!
さらに田舎でも繋がりまくり!!